最強の手技療法 自然整体療法を取り入れ、肩こり 腰痛 膝痛 オスグッドを得意とする整体・整骨院 無痛の手技で安心です。古川橋駅徒歩5分 駐車場完備

痛みを伴わない、本物の治療院
たかはし自然整体・整骨院

〒571-0065 大阪府門真市垣内町15-5 ニューシビックハイム1号室

受付時間:8:30〜12:30/16:00〜20:00
(休診日:木曜午後、日祝祭日)
※日曜祝日や施術時間外も対応可能

ご予約お待ちしております

06-6900-8771

かかとの痛み (シーバー病)

かかとの痛み(シーバー病)は治ります!

かかとの痛み(シーバー病)
13歳サッカー少年

歩行時には足裏、ジャンプや歩行時にはかかとが痛む状態で、AKS治療と体幹のバランス調整で初回は5割程度の改善にとどまるも、3回目の施術後から完全に痛みは消え、4回目に全体の調整をして、終了となりました。

とても喜んでくれて、僕もうれしいです。

かなりの男前 い〇〇君 サッカー頑張って


かかとの痛み(シーバー病)
9歳サッカー少年

紹介で他県からの来院のため、多くの通院は難しいとのことでしたが、結局4回で治癒となりました。

恥骨の調整がかなり効果があったようです。

体格も良く、将来たのしみやね!


かかとの痛み(シーバー病)
12歳 野球(陸上)少年

本来は野球少年なのですが、ぱっと出場した陸上100mの試合で優勝するような身体能力の持ち主。しかも体を診ると、体幹がまだうまく使えていないではありませんか。AKS治療を施していく中で、どんどん痛みもなくなり、体の使い方がよくなっていったので、継続してメンテナンスをしてゆけば、驚くほどのタイムが出ると思います。

*後日お父様から連絡があり、大阪の大会で優勝したようですが、タイムはそれほど伸びてないとのことでした。が、練習を休んでいたことを考えると、すごいですよね。今後に期待します!


かかとの痛み(シーバー病)
11歳水泳選手

前から痛めていたシーバー病が、シャトルランで悪化し紹介で来院。

初回AKSと足首の軸調整でかなり痛みは消えたが、その後治るペースが少し落ち、5回目に完全に痛みがなくなった。

足に合っていないシューズが原因だったので、靴の買い替えを勧めて中敷きをちょこっと操作してみました。

活発で笑顔の可愛いまひろちゃん

丁寧な感想をありがとう!



かかとの痛みとは

子供の場合はほとんどが、シーバー病(踵骨骨端症)といわれる成長痛の一種です。

脆弱な成長軟骨に、アキレス腱と足底筋群の牽引力によるストレスが重なり、踵をつけて歩けないなどの症状が出てくるものです。

こんな方は要注意!

・運動中に足をひきずっている。

・練習が終わると、かかとの痛みで歩きにくい。

・歩いていて、蹴り足の方に痛みでる。

・爪先立ちやしゃがむのも辛い。

・かかとをつけて歩けない。

当院なら、このように施術します!

当院のシーバー病治療の効果は絶大です!

また、AKS治療という方法をとるため、神経筋機構を促通させることができます。

簡単に言うと、機能が回復するだけでなく、パフォーマンスまでもがアップするという事です

かかとが痛む場合、足首周辺の治療だけでは改善しにくい例が多く、たいていは筋連結による筋同士のひっぱりあいを解除しなくてはいけません。

例をあげれば、梨状筋(おしりの奥の方)から仙結節靭帯(坐骨から外下方に走る)ハムストリングス(太ももの裏側)という流れで筋が引っ張っていることがあります。

もちろんそれだけでなく、筋膜のつながりによる緊張や、股関節 膝 足首の可動性や関節軸の問題がある場合も多いです。

それらを総合的に評価し、治療をすすめていくわけです。


施術例
症例①

10代バスケ少年

症状 かかとの痛み 練習後に痛くなる 歩行時の蹴り足が痛む

<評価>
足首の背屈可動性が著しく低い 腓骨の動きが悪い 足底アーチの低下
<治療>
大内転筋と腸骨筋に強い圧痛があり、ディープフロントラインを中心に緩めた
足首と腓骨の動きは、MWMS(関節の可動をつける手技)にて対応

足首の可動性を高めるトレーニングと足底アーチを作る自己療法を指導し、3回の治療で練習をしても痛みがなくなった。

症例②

10代サッカー少年

症状 右かかと外側の痛み 常に右足をひきずっている

<評価>
体重をかけると、足首が内側に傾く(オーバープロネーション) 足首の可動性が低い
股関節の伸展可動性低下
<治療>
初回治療後は少しの痛みの軽減にとどまったが、腸骨筋のアスター(筋の伸張をうながす手技)と股関節のAKS(筋に抵抗をかけながら動かすことで、伸張をうながす)にて、股関節の可動が拡がった。足底アーチと足関節の自己療法を指導した。

2回目来院時、自己療法を頑張っていたということで、かなりの症状の軽減がみられた。

3回目治療後は全く痛みがなくなる

4回目治療後より、軽い運動を許可した

5回目治療後、強めのランニングも許可

6回目治療後 全力での復帰を許可した

7回目来院時 全力で痛みがなかったようなので、終了とした。

この子の場合は、他院にて半年治療を受けても変化がないほどの重症でした。
足踏みを後方から確認して、足首が内側に傾くようなケースは、踵の骨にせん断力が働くので注意が必要です。
非常に効果の高いオリジナル自己療法があるので、ご相談ください!




患者様から頂いた感想の例

感想の例をご紹介します


この女の子の場合、バレエをしていての痛みなので、三角骨を心配していましたが、単純な踵骨骨端症でした。

下腿から、足底の筋緊張をとって、足首の関節軸を調整するだけで、簡単に痛みが消えました。

この子もバレリーナで、踵骨骨端症(シーバー病)でした。

無理をしていたせいか、取れにくい痛みがあり少し苦労しましたが、AKSにより神経筋を促通させることにより、パフォーマンスも上がり、痛みも取れました。

バレリーナは特殊な動きを体にさせることにより、バランスの崩れなどが、色んな痛みを引き起こすようです。

何かあったらいつでも相談してくださいね。


ご予約・お問合せはこちら

ご予約お待ちしております

お電話でのご予約・お問合せはこちら

06-6900-8771

受付時間:8:30~12:30/16:00~20:00
(休診日:木曜午後・日祝祭日)

※自費診療は8:30〜20:00
※日曜祝日や施術時間外でもご遠慮なくお掛け下さい!

当院には門真市だけでなく、大東市、寝屋川市、守口市、四條畷市、東大阪市、大阪市、枚方市、交野市、高槻市、吹田市、茨木市、摂津市、八尾市、滋賀、京都、奈良、生駒市などからも多数来院されています。